笑顔店長からのお知らせ

アルミモールの腐食(曇り) 「Repair」編~

お知らせ 2018-10-07

今回は欧州車に乗られているお客様の悩みの一つ「メッキモールの腐食」
を取り上げたいと思います!

ボディがキレイでも、モール部分の腐食が気になってしまう方が
多いのではないでしょうか?

腐食する原因を今回2つに大きく分けてご紹介をすると共に、
対策方法もご案内したいと思います!!

①欧州車のモール部分はアルミの削り出し手法となっており、国産車とは全く異なる性質となっております。

素材そのものは、高級で高額なのですが、 アルミの削り出し後、
保護膜を行わないないままの状態となります為 国産車と比べて腐食が進行するのが早いといわれてます。

② もう一つの原因は、日本の気候です。

日本の気候は湿気が多く腐食する原因の一つでもあります。
湿気が原因では何処に相談しても諦めて下さいと言われる事が多いのですが、

では 欧州車を製造してる本国ではクレームにならないの?  

本国では日本ほどの湿気が無いため、クレーム対処とならない様です。  

ではやっぱり諦めるしかないのか? 

対策としてはメッキモールの磨きが一番ポピュラーな方法です。

写真の左半分にありますのがアルミモールを磨いた後と右にございますのは磨く前の状態です。
今回入庫しましたお車の腐食が深く、しつこい物でした。
ここまで元の近い状態に戻すのにかなりの時間と手間が掛かりました。

状態により変わりますが綺麗にすることは可能なのですが、
酷くなればなるほど、作業時間と施工金額も変わります。

湿気が原因では、ただ磨くだけではまたすぐに元に戻ってしまいますので、
結局はいたちごっこになります。


そこで、弊社ではアルミモールの研磨(磨き)を行ったあとモールをキレイな状態に保つ為、
「3Dネットワーク皮膜構造コーティング」を施しております。
シロキサン結合をベースにした三次元架橋構造を主骨格に持ち、モールに影響を与える
湿気、糞害、黄砂、樹液、酸性雨などの外的要因によるダメージを最小限に抑えて圧倒的な耐候性を高めながら、品のある美しい光沢を実現いたします。


モールの腐食に悩まされている方、または興味をお持ちのお客様は、

お気軽にご来店もしくはお電話にてご相談ください!

心よりお待ちしております。


カーライフアドバイザー宮崎

ページトップへ